人気の秘密|長期優良住宅|性能表示無垢材基礎屋根自然素材リフォーム施工事例展示場
全棟長期優良住宅
カンタン長期優良住宅講座  フラット35Sについてのお知らせ
実は、各国の住宅の耐用年数なのです。つまり解体時期の平均年数です。
この器用な日本人が作った建物が、 世界で一番といっていいほど長持ちしないなんて・・・。
しかし、これが事実なのです。根本は戦後にあるといわれています。
戦争でなにもかもなくなり、衣食住の確保が政治の命題でした。
そこで、国家の政策として住宅を1棟でも数多く建てる必要があったのです。
コストも安く、早くできる、そうあの牛丼屋さんのように、安い・早い・うまいといった家をたくさん作りました。
 
そして、短期間で劣化してしまう建物が増え、壊しては建て、建てては壊すという世の中になったのです。
 
今までの住宅は残存評価が低い・・・
こんなこともあって、日本人のこころのあり方ってずれて来たのでしょう。
ですから、つい最近までの“物を大事にしないという文化”になってしまったのですね。
でも、日本人は変化しています、物の価値を大切にする本来の姿に戻りつつあります。
              
長期優良住宅を建てよう
今までの住宅
 
           長期優良住宅って
長期優良住宅
 
  
長期優良住宅の良さは、20年・30年後に実感できます。
日本の住宅の耐用年数は約30年。30年ほどたった頃に、再び建て替えを考えなければいけないのか、まだ住み続けることができるのか・・・大きな分かれ道です。
長期優良住宅の考え方は結構キビシイ基準を持っています。
住宅業者からすると、面倒くさいことだらけです。
だからいいのです。
 
長期優良住宅を建てると言うことは、
 
 1.補修費もあまりかからない
 2.リフォームも安くつく
 3.価値が高いため、売却時にはちゃんとした価格で売れる

 
・・・等のメリットに+解体してゴミを大量に出すということをなくし、
 
 1.長持ちさせ
 2.家を大切に使い
 3.リフォームしながら次の世代に引き継ぐ

 
といった、“自然と人の心にやさしい”という本来の姿に戻ることなのです。
また、価値のある家ですから、欧米のように家族状況にあわせ、転居することだって気軽に出来るようになります。
 
このように、お客様からすると初期のコストがかかるという問題はありますが、“プラス要因があふれるほどにある”のも大きなメリットなのです。
住宅業者からすると、長期優良住宅はこの仕事を営むものの使命なのです。
私達は自然から生まれた木材や瓦、石やタイルを大切にしなければならないのです。
長期優良住宅をやらないと言う言葉は、“我々建築業者の甘え”なのです。
長寿命な住まいなら産業廃棄物、CO2削減が可能!
ひまわりほーむの家の中身をご紹介します

ひまわりほーむの長期優良住宅は、このようにしてつくられています!

長期優良住宅の構造

ひまわりほーむの“構造の秘密”  ひまわりほーむの構造をチェック!
ひまわりほーむは全棟長期優良住宅 ひまわりほーむは全棟省エネ
ひまわりほーむは全棟性能表示 ひまわりほーむは全棟ムク材
【参考リンク】

長期優良住宅法について(国土交通省)
住宅生産団体連合会

人気の秘密|長期優良住宅|性能表示無垢材基礎屋根自然素材リフォーム施工事例展示場
加葉田です 村井です 向平です