人気の秘密長期優良住宅性能表示無垢材基礎屋根自然素材リフォーム施工事例展示場

設計性能評価建設性能評価
住宅性能には、設計図書に基づいて性能の評価を行う設計住宅性能評価と、
住宅の施工時と完成時の検査により、設計評価を受けた住宅の性能が建設段階において
確実に達成されているかを評価する建設住宅性能評価の2つの段階があります。   

                                 

                       
    
この2つを全棟取得するのがひまわりほーむです。

住宅性能評価のマーク         

配筋検査時           ふたつの評価書

←建設時の検査のようす            

        性能評価書→

                                   

 
 
 
 
全10項目で品質と性能を評価します
 
 
 
 
 
住宅性能表示では、住宅の性能を10項目に分けてそれぞれ評価をします。
ひまわりホームがこだわる4つのポイント
ひまわりほーむがこだわる4つのポイント

構造の安定
3段階評価の2
(首都圏は3段階評価の3 ※最高等級)

阪神大震災クラスの1.25倍(首都圏は1.5倍)の地震が起きても倒壊・崩壊しないランク
北陸(石川・富山)は積雪の関係上2になります。

劣化の軽減
3段階評価の3
※最高等級

白アリ対策として内周部と外周部の材料・太さが違います。
また、防蟻処理剤には完全無農薬のヒバオイルを使用しています。

温熱環境
4段階評価の4
※最高等級

断熱は外貼り断熱工法
壁35mm、基礎50mm、天井150mmの断熱材を使用。
また、サッシは全マド断熱ペアサッシを使用しています。

維持管理への配慮
3段階評価の3
※最高等級

床下・天井には点検口を設け、配管の施工・点検及び清掃がしやすい状況にしています。

◆住宅性能表示のメリット◆

住宅性能評価の内容を契約に活かせます 住宅性能を事前に比較することもできるんだね
指定住宅性能評価機関が交付した住宅性能評価書やその写しを、新築住宅の請負契約書や販売契約書に添付などすると、住宅性能評価書の記載内容が契約されたものとみなされます。ただし、契約書面で、契約内容から排除することを明記した場合はこの限りではありません。
注文住宅の場合 設計が終わった段階で、設計住宅性能評価書の内容を請負契約に反映することができます。
また、竣工段階で交付される建設住宅性能評価書の内容と、相互比較することもできます。
完成前分譲住宅の場合 設計住宅性能評価書の内容を請負契約に反映することができます。
竣工段階で交付される建設住宅性能評価書の内容と、相互比較することもできます。
建売分譲住宅の場合 建設住宅性能評価書の内容を売買契約に反映することができます。
円滑で、迅速で、専門的な紛争処理が受けられます。 住宅に関しての紛争が起こっても相談できるから安心だね。
建設住宅性能評価書が交付された住宅については、指定住宅紛争処理機関(各地の弁護士会)に紛争処理を申請することができます。
指定住宅紛争処理機関は、裁判によらず住宅の紛争を円滑、迅速に処理するための機関です。
建設住宅性能評価書が交付された住宅の紛争であれば、評価書の内容だけでなく、請負契約・売買契約に関する当事者間のすべての紛争の処理を扱います。
紛争処理の手数料は1件あたり1万円です。
<関連リンク>
(株)住宅性能評価センター 国土交通省 NPO住宅長期保証支援センター 
 

住宅性能評価機関等連絡協議会(評価協)

人気の秘密長期優良住宅性能表示無垢材基礎屋根自然素材リフォーム施工事例展示場